社会で活躍する卒Neo生③


〔第3回〕 図書館司書

Neo Schoolを卒業し、現在は社会人として活躍する先輩たちに、さまざまな職業の内容や就き方、実際に働いてみての感想や後輩へのアドバイスなどを伺うコーナーです。

KM

MRさん

Q1 今現在どのような仕事についていますか?職業の紹介をお願いします。

A 司書です。よく図書館のカウンターにいるひとです。貸出だけやっていると思われがちですが、調査・相談や講座など実は色々やっています。資料と人を繋ぐ仕事だと言われています。知りたい事があったら、気軽に声をかけてみてくださいね。

Q2 仕事にやりがいを感じるのはどのようなときですか?

A 利用者さんの探しているものをぴったり提供出来た時と、自分でつくった展示の本がたくさん利用されたり、反響があったりした時です。自分のやったことがちょっとでも役に立ったり、何かのきっかけになったかな、と実感できる時なので。

Q3 その仕事にいつから、なぜなりたいと思いましたか?

A 最初に司書を知ってなろうかと思ったのは小学校6年の時でした。将来の夢が特になかったので、とりあえず本に関わる仕事をしたいと言ったら、担任の先生が紹介してくれたんです。本、となると作家か出版社か、しか頭になかった私にとっては新鮮に聞こえました。それから、ずっと頭の片隅に司書は選択肢としてあって、その流れで資格もとりあえず取りました。結果的に今この職に着いたのは偶然も大きかった気がしますが、考えてみると随分長い積み重ねがあったんですね。

Q3 その仕事を目指す子供たちにアドバイスをお願いします。

A 本が好きだから、と目指す人が多い職業です。しかし、実際は対人の仕事が8割9割、といった所です。勿論常時本に囲まれた生活が出来ますが、人嫌いな人にはちょっとオススメは出来ないですかね…(^_^;)tosyokan

自分の裁量次第で、出来ることがどんどん広がる職業でもあります。私はこれが好き!というこだわりのものをひとつ持っておくか、もしくは広く浅くアンテナを張って雑学王になったりすると、面白いことが出来るかもしれません。今を楽しんで、手を伸ばせるものには欲張って手を伸ばしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう