社会で活躍する卒Neo生④


〔第4回〕 会社経営

Neo Schoolを卒業し、現在は社会人として活躍する先輩たちに、さまざまな職業の内容や就き方、実際に働いてみての感想や後輩へのアドバイスなどを伺うコーナーです。

fukuda

福田君(高校当時)

福田君 略歴
岩名中学校 野球部部長
春日部東高校 野球部
(埼玉ベスト4)
日本体育大学
準硬式野球部
現在 株式会社B.I.G代表取締役

Q1 どんな会社なの?

A スポーツ、介護福祉、医療現場へコンディショニングコンテンツのプロデュースをしている会社です。

Q2 なぜ企業したの?

A 私自身は野球をやりながら、怪我してばかりでした。高校最後の夏も痛み止めの注射をうちながら戦い、不完全燃焼でおわってしまいました。日体大にはいってからバイオメカニクスの研究を重ね、大学4年間、さらに卒業してから1年間の計5年間の歳月をかけ、実験に成功し、起業に至りました。

Q3 何をしているの?

A 股関節の左右の可動域のバランスを測定し、その人の足のつき方のバランスを分析します。そのバランスに合わせたかかとだけに入れるインソールを装着し体のバランスを整えます。今ではこの商品が、ロコモ認知症予防協会の公認をいただくことができ、「健康寿命100歳」を目指しています。日常生活で何気なく行っている「歩く」というところから健康を意識していきましょう。また、私自身の専門である野球関係ではプロ野球選手のトレーナーもしています。学校関係では甲子園常連校の遊学館や県立岐阜商業が自社のシステムを導入してくれています。

kigu1 kigu2

〔写真:左(上)〕股関節の左右のバランスを測定する機械「オプティカント」〔写真:右(下)〕測定結果に合わせて靴底に敷くインソール

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう