受験&勉強の気になる話⑩


title

成績を上げる正しい考え方

〔2016年3月号掲載〕

※この記事は2016年2月時点に執筆されたものです。現在の入試制度と異なる場合もありますのでご注意ください。

私達の現実の結果はすべて頭の中で考えていること(考え方)がふだんの行動となって現れ、その行動が結果をもたらします。

そして、成績を上げるための正しい考え方は過去にも未来にも1つしかないことは分かっています。それができる人は誰でも成績が上がっていきますし、他のどんなことに挑戦しても早いスピードで成長していきます。

試験や入試はその日時が決まっていますので、あとはその日までに間に合うかどうかなのですが、ふだんから正しい考え方で勉強に取り組んでいる人にとっては試験や入試はただの通過点にしか過ぎません。結果がどうであれ、その結果を受け止めて改善しさらに前進するだけなのです。

★答えはシンプル

私達は良いことも悪いこともバランスがとれています。成績が悪い! 勉強ができない!とマイナスな面を考える人がいますが、それと同じだけ勉強に取り組まかった時間にゲームをしたり、友達と遊んだりとプラスの時間を過ごしているのです。

ダイエットできない!と言っている私は、その分おいしいものを食べて楽しんでいます。食べれば痩せませんし、食べなければ痩せます。ただそれだけのシンプルなことです。diet

現実はバランスが取れていますので、自分の現実を変えるにはまずプラスの面とマイナスの面を見直さなければなりません。成績を上げたければやることはシンプルです。勉強時間を増やすことから始まります。そんな簡単なことができないのは、頭の中の考え方がすぐに言い訳を言うことで慣れてしまっているからです。

先生の教え方が悪くてできない。

部活が忙しくて疲れて勉強ができない。

やる気がでなくて集中できない。

勉強をやろうとおもうけれどスマホやゲームをやってしまう。

そうです、もっともらしい、やらない言い訳はいくらでも思いつくのです。

その考え方が今の成績を作っています。ちゃんとバランスがとれています。勉強していない多くの時間を作ることがどのような結果になることは分かっているつもりなのに、自分からその結果になるような行動をしているからです。inemuri

もっと成績を上げたい! 受験に合格したい! 苦手科目を克服したい!

そして、大人になって

「もっとOOになりたい!」

という願望をかなえるための方法はいたってシンプルです。そのプラスの結果をもたらすためには、マイナスの結果を捨て去るしかありません。成功したい!と本気で考えている人たちは、成功するため以外のことはほとんどやりません。無駄な時間をなくし、目標達成のためだけに、つらくても苦しくてもたどりつくまで努力しているのです。成功した部分だけを見て、「いいな~。」「うらやましいな~。」と言う人たちはマイナスの部分を決して見ようとしていないのです。

ですから、たくさん好きなことをやって、さらに勉強ができるようになりたい!は決して起こらないのです。プラスとマイナスはバランスをとっていますので、ちょこっとの行動は、ちょこっとの成果となる訳です。

Neo Schoolの役割は、学習塾に通う本来の目的を達成するために、マイナスの部分をできるだけコントロールするための手伝いをしているのです。

成績を上げるには、学習行動を優先順位の第一において行動することだけです。singakki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう