●次のステップへ


次のステップへ2

 Neo Schoolの定期テスト対策は、点数をとらせてもらう対策ではありません。学習量を増やし、自学自習で学校ワークに取り組み、定期テスト予想問題や苦手単元の補習に自らスケジュールを合わせて参加するものです。新中1生ははじめての定期テスト。どれくらいやれば、どれくらいの成果が出るのかを体感するチャンスでした。だからこそ、精一杯やった結果が重要なのです。また、新年度からNeo Schoolに通い始めてくれた多くの新入生たちにとっても、こんなに勉強するの?という疑問を感じながらも周囲の仲間がやっている姿に乗せられて取り組んでいる子たちも大勢いました。

 もうすぐ結果が判明することでしょう。精一杯取り組んだみなさんにとっては得点以上に、今までの自分の取り組みと比較して、さらにレベルアップできるところはないのか、を深く反省し、次の定期テストに備えましょう。今回頑張った!生徒のみなさん。その姿勢はとても立派でした。

 しかし、一度や二度の頑張りででるような成果は本物ではありません。まだまだやれるはず。まだまだ甘かった取り組みがあったはず。つねに自己反省をしながら、次のテスト、次のテストに挑戦していく姿勢が本当の学びにつながります。

学生の仕事の中心は、「勉強」なのですから。そして学校生活の中では「勉強」以外の学びも吸収しながら健全に成長していくのです。しかし、学生のど真ん中にあるのは「勉強」です。勉強以外のスポーツや芸術などで人生を切り開く決意をしているなら話は別ですが、、、。

次回の定期テストでは、次のステップにすすまなければなりません。学校ワークや課題プリントなどの学校の先生が指示する教材だけを中心に学習する方法は定期テストの高得点を狙うまでとなります。トップクラスを目指すなら、実力テストや高校入試での好結果を目指すなら定期テストの勉強をレベルアップ、ステップアップさせなければなりません。それは、ワーク・プリント一辺倒の定期テスト勉強から、実力錬成の家庭学習を取り入れる必要があるのです。

次のステップへすすみたい!というNeo Schoolの生徒の1みなさん、すぐに担当の先生との学習面談をおこないましょう。正しい勉強方法とは、一人一人の現状レベル、目標設定、学習環境によって違うものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう