●夢を追う男


IMG_2205

BIGなFくん

スポーツを通して地域貢献、社会貢献のできる会社を起業したFくん。株式会社BIGの代表取締役として充実の日々を送っている。定期的に顔を出して近況報告をしてくれるのだが、彼の話は行動をともなった成果の報告のため本当に内容が濃い。夢物語を語るのではなく、夢を形にしている過程を話してくれるからだろう。

もし自分のやりたいことがこの社会にカタチとしてないならば自分で起業するのが最短、最速だ。

Fくんは、スポーツによる身体の障害や加齢による運動能力の低下を未然に防ぐための器具の開発、販売している。肉体改造のためのトレーニング方法を指導するプライベートアドバイザーをやっている。スポーツイベントの企画や開催の誘致などをやっている。彼の株式会社BIGは身体を動かすことに関しては、何でもありの会社なのだ。

昨年の日本プロ野球の視察やアメリカメジャーリーグの視察をしてきている。どこでどうしてそういうことになるのかよくわからないが、彼が作り上げている人脈のパワーはどうもすごそうだ。

今年はもうすぐ開催されるリオ オリンピックの視察に行ってくるという。ブラジルの治安の悪さも彼の120㌔ベンチプレスなら問題なさそうだ。

他方、私も彼も株式会社の代表という同じ立場。本業以外の会社運営業務も自分でやらなければならない超零細企業の代表だ。彼の大変さは本当によくわかる。そして、すべての責任は自分にある「怖さ」も「楽しさ」も。

 リオに行く前に教室に顔を出してくれたFくんは、「UFSスポーツキャンプ in千葉」というスポーツイベントで現在うごいている。1泊2日のスポーツ合宿で、サッカー、バスケ、バドミントンなどの元プロ、元日本代表の選手たちが直接指導をしてくれるというものだ。小学校5、6年生対象でスポーツ庁や千葉県教育委員会が後援している信頼あるイベントだ。ゆくゆくは野田市近辺でも開催したいと考えているようだ。他にも、まだ公表できないイベントを野田市で開催するために企画している。Neo Schoolの生徒は優先的に参加でいるように裏工作をお願いしたいところだ。私自身ワクワクするようなイベントだった。実現するためにはいくつものハードルはあるが、できない言い訳をするようなFくんではない。正しい学びを身につけて大人になった彼にはこれからも目が離せない。リオに到着したらまたSNSで状況を知らせてくれるようなので、ブラジルのエキゾチックな様子をみなさんに後ほどお伝えします!

 

※6月18~19日のイベントはまだ申し込みができるようでので、興味のある方はNeo School本部1F事務受付にパンフレットを置いておきますのでご自由におとりください。

yume

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう