岩名中3年生 定期テスト分析(H29年5月)


定期テスト分析(岩名中3年)第一回定期テスト 英語

 

リスニング(適画選択、英問応答) 7点

語句(単語・語形変化)     18点

文法(適語補充)        10点

文法(語順整序作文)      12点

文章読解(教科書準拠)     12点

文章読解(総合問題)      21点

表現(英問英答、自由表現)   20点

講評

教科書の語句、文章題、文法問題、会話文、英語表現など全体的にバランスのとれた確認テストになっている。学校ワークにしっかりと取り組むだけでなく、中1~2年の文法単元の理解も要求しているので、受験を意識した作問である。レベルは標準なので実力差がはっきり結果にでる。まだ入試形式での出題ではないので、基本的な学習で対応できる。

 

 

定期テスト分析(岩名中3年)第一回定期テスト 数学

 

展開(単項式×多項式)     8点

展開(乗法公式、置き換えを使った展開)  18点

因数分解          18点

素因数分解         10点

展開、因数分解の利用    12点

文字式を使った説明      4点

中1・2の復習(平面・空間図形) 12点

中1・2の復習(確率)    6点

中1・2の復習(一次関数) 12点

 

講評

中1・2の復習が3割出ているが事前にでる内容が出されているので復習をしておけば問題ないがしていなければ30点分の配点は大きい。

問題数は35問で決して多くはないが、2の(6)や3の(6)の問題で時間を使ってその後の問題を解く時間が少なくなると焦ってしまうかもしれない。問題はワークからの抜粋ではなく中学の先生がつくっているため、ワークをただ繰り返すだけでは高得点にはならない。

考え方を身に着けていないと分からない問題もあったと思う。

 

 

定期テスト分析(岩名中3年)第一回定期テスト 国語

 

配点(予想配点)

一、漢字             20点

二、詩の鑑賞 「春に」      20点

三、随想の読解 「立ってくる春」 12点

四、随想の読解 「立ってくる春」 12点

五、随想の読解 「私」      20点

六、作文             16点

 

各設問とも、語句の意味、内容吟味、要点整理などバランスのとれた問題となっている。問題そのものは基本的なものが多く、文章の要点をしっかりとつかんだ出題となっているため、ワーク等の基本的な学習で十分に対応できる。作文は実力テスト等でよく出されるが、慣れていないと時間配分が難しかったかもしれない。今後受験に向け、実力テスト用に取り組みを増やしていこう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう