川間中1年生 定期テスト分析(H29年5月)


定期テスト分析(川間中1年)第一回定期テスト 英語

 

リスニング(適画選択、内容記述) 28点

語句(単語、ローマ字など)    45点

文法(I am / You areの文)     16点

表現(自由表現)         11点

 

講評

中1の最初の試験内容の評価というよりは、最初で躓いていないかどうかである。アルファベット、ローマ字、英文の書き方、基本単語の暗記、be動詞のやさしい英文など。このテストで1問でもミス、不理解があるようでは次のテストでは不得意教科となっている。

まずは、ていねいに復習し、不理解内容があるようなら至急お知らせください。

 

 

定期テスト分析(川間中1年)第一回定期テスト 数学

 

計算(小学校の復習)        12点

基本事項の確認(絶対値、数の分類) 16点

計算(加減)            20点

計算(乗除)            32点

正負の数の利用          20点

 

講評

正負の数の利用の問題は加減の問題だけだが、11の問題は少し考えないと分かりづらい。

全体的には、難問はない。計算は加減、乗除での符号の関係の違い、累乗でのマイナスの数が理解できていれば問題ないレベル。問題数もさほど多くないので丁寧に行いミスをしないことが高得点を取るためには重要である。

次回は四則混合問題、文字と式の問題も出てくるのでさらに符号や計算の順など丁寧に行うことが大切になってくる。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう